ノンレム睡眠,レム睡眠,違い,短時間睡眠,

ノンレム睡眠とレム睡眠は何が違うのか

 

 

 

レム睡眠とノンレム睡眠の違いを簡単にまとめたので参考にしてください。

 

 

レム睡眠の特徴

 

レム睡眠は浅い眠りが特徴となっています。

 

 

ノンレム睡眠,レム睡眠,違い,短時間睡眠,

 

短時間睡眠を実践したければレム睡眠の時間を減らすのが大切になります。俗にいう金縛りというものはレム睡眠の状態から発生しており、トイレにいったり夢を見たりするのもレム睡眠の状態です。

 

 

 

つまり、レム睡眠は浅い眠りで、短時間睡眠を実践する妨げになります。

 

 

レム睡眠を取っているときは脳は活発に動いています。短時間睡眠を実践したければ脳をしっかり休める効率の良い睡眠を取る必要が有るため、レム睡眠の時間は極力減らさなければいけません。

 

 

レム睡眠を取っているときに目覚ましをセットするとスカッと起きることができます。

 

脳は休めていませんが、身体は休んでいるので肉体労働をしている人にとっては必須です。身体を動かした後に睡眠時間が長くなってしまうのは身体が休息を欲しており、レム睡眠の時間が長くなるからです。

 

 

 

 

ノンレム睡眠の特徴

 

 

ノンレム睡眠は深い眠りについている状態です。脳も身体もしっかり休んでいます。

 

ノンレム睡眠,レム睡眠,違い,短時間睡眠,

 

 

身体を支える筋肉は働いているのですが、身体も脳もしっかり休めているので短時間睡眠を実践したければノンレム睡眠を効率良く取らなければいけません。

 

 

要するに深い眠りについた方が良いということですね。

 

 

 

ノンレム睡眠を取りたければ昼間居眠りすることをオススメ致します。昼食を食べた後に10分程度昼寝するのは大変効果的で、短い居眠りのほとんどがノンレム睡眠です。

 

 

外国ではシエスタ(昼寝)という文化がある国も存在しますが、あれはノンレム睡眠を取るのに大変効果的なのですね。

 

 

ノンレム睡眠を取っているときはストレスも解消されています。

 

 

 

よく、「長時間寝るとストレスが発散できる」とおっしゃる人がいますが、あれは長時間睡眠を取っているからストレスが解消されるのではなく、ノンレム睡眠をしっかり取っているからストレスが解消できるだけなのです。

 

 

 

ノンレム睡眠をしっかり取れば短時間睡眠を実践することは可能です。ノンレム睡眠を取りたければ脳内ホルモンであるセロトニンを増やす必要があるため、ノンレム睡眠を取りたい人は休息サポート飲料の「マインドガードDX」を飲んでください。

短時間睡眠を目指す人にオススメのサプリメント

関連ページ

90分睡眠は実は適した方法ではない
睡眠にはノンレム睡眠とレム睡眠の2種類が存在し、それらが交互に90周期で訪れるから90分睡眠が良いと主張する人がいらっしゃいますが、これは間違いです。
眠りすぎが体や脳に悪い6つの理由
眠りすぎは本当に体に悪いです。眠りすぎが体や脳に悪い理由を解説します。
人はなぜ眠るのか?
そもそも人はなぜ眠る必要があるのでしょうか? 人が眠るのは脳に休息を与え、記憶を定着させたりするためです。