人はなぜ眠るのか,理由,

人はなぜ眠るのか?

そもそも人はなぜ眠るのでしょうか?

 

 

 

人が眠る理由はいくつか存在するので、その理由をまとめて紹介させて頂きます。この記事を読んで人にとって睡眠はとても大事なことを知って頂ければ幸いです。

 

 

 

1,記憶を定着させるため

 

人はなぜ眠るのか,理由,

 

 

眠る目的でかなり大きな割合を占めるのは、記憶を定着させるためというのが大きいのです。

 

 

あなたは嫌なことがあったときに眠れなくなったことはありませんか?

 

 

嫌なことがあったときに眠れなくなってしまうのは「嫌な記憶を定着させない」という脳の防衛本能です。記憶というものは寝ると固定化され、短期記憶は寝ることによって長期記憶へと変わります。

 

 

ただ、人間は自分を守るために嫌なことが起きたときは眠れないようにできているのです。これは嫌な記憶を長期記憶へと変えないための防衛行為であり、逆に言えば記憶を定着させるために睡眠はとても重要なのですね。

 

 

そのため、短時間睡眠を実践したい人も睡眠はしっかり取ってください。

 

 

 

 

長い睡眠をとる必要はありませんが、記憶の定着目的として睡眠は絶対に必要なので勉強に熱中している学生などは寝るのも勉強だと思ってください。

 

 

 

2,脳がしっかり休むのに睡眠は必要

 

人はなぜ眠るのか,理由,

 

脳は活動していると疲れます。

 

厳密に言うと脳は疲れないと言われていますが、寝ていないと集中力が切れてしまうのです。集中力が切れると仕事に対する意欲が減退したり、生産効率が極端にオチたりするので脳を休めるのは絶対に必要だと思ってください。

 

 

 

寝るのは短時間でも良いのです。

 

 

むしろ短時間寝てすっきり起きた方が効率が良いです。昼間15分程度寝ることがありますが、これはほとんどノンレム睡眠です。たった15分の睡眠でも深い眠りを実践することができ、昼寝から起きたら深い睡眠をとったので頭はすっきりしています。

 

 

 

このことが分かる通り、睡眠は量ではないのです。

 

 

質が大切です。

 

 

質さえ保っていれば記憶を定着する目的と、集中力を維持する目的を達成することができます。私は短時間睡眠を推奨していますが、全く寝ないことを勧めているわけではありません。むしろ寝てください。寝ないのは体にも脳にも悪いので。

 

 

3,集中力を維持するため

 

 

人はなぜ眠るのか,理由,

 

集中力というものは長い時間発揮していると途切れます。

 

 

そのため、集中力を維持したければちょくちょく休憩を挟む必要があるのです。人間のメインとなる休憩が睡眠であり、深い眠りを取ることによって人間はよく休むことができます。

 

休まないで仕事を続けると逆に非効率なので、短時間睡眠を実践して効率良く生きていきましょう。

 

 

4,精神的な疲労を回復する目的もある

 

 

人はなぜ眠るのか,理由,

 

精神的な疲労を回復する効果も無視できません。

 

 

人間は長時間活動しているとストレスが溜まったり、精神的に落ち込んだりします。気分が下がってしまうと人は苦痛を感じ、仕事や勉強に対して意欲を持って取り組むのが難しくなります。

 

 

精神的な疲労を回復する上で睡眠はとても大切で、眠らなければ人は壊れてしまうという実験結果も出ているのです。

 

 

そのため、短時間睡眠を実践したければ深い睡眠を取ることが大切です。

 

 

深くて短い睡眠を取れば精神的な疲労も見事に回復することができますし、時間も有効に活用することが可能となります。忙しい現代人はストレスを溜めやすく、より多くの活動時間を必要としていると言っても過言ではありません。

 

 

溜まった睡眠は睡眠で吐き出してください。

 

 

 

そして短時間睡眠を実践して、起きている時間は精力的に活動してください。

 

 

それが人生を豊かにする方法でもあります。「人はなぜ眠るのか?」と問われれば、私は次のように答えます。

 

 

 

「自分のやりたいことを集中して精力的に取り組むため」と。

 

 

 

深くて質の高い眠りを取りたければサプリメントを飲むのが良いです。安眠用サプリメントの「マインドガードDX」を飲んで睡眠の質を改善していきましょう。

 

短時間睡眠を目指す人にオススメのサプリメント

関連ページ

90分睡眠は実は適した方法ではない
睡眠にはノンレム睡眠とレム睡眠の2種類が存在し、それらが交互に90周期で訪れるから90分睡眠が良いと主張する人がいらっしゃいますが、これは間違いです。