90分睡眠,適した方法,間違い,ノンレム睡眠,レム睡眠,

90分睡眠は実は適した方法ではない

短時間睡眠を実践したければ90分睡眠を行うのが良いと主張する人がいらっしゃいます。

 

90分睡眠,適した方法,間違い,ノンレム睡眠,レム睡眠,

 

 

これは一応理由があって、「90分睡眠は非常に有効。ノンレム睡眠とレム睡眠が交互に90分周期でくるから」という理由になります。

 

 

 

が……、最近の研究データではこの意見は間違っていると言われているのですね。

 

 

 

確かに前は90分感覚でノンレム睡眠とレム睡眠が生まれ変わると言われていましたが、1周期が110分の人もいれば80分の人もいらっしゃるのです。

 

 

 

 

つまり、人によってノンレム睡眠とレム睡眠が切り替わる周期が違うのです。

 

 

 

短時間睡眠を実践したければレム睡眠の周期のときに起きるのが良く、その方が気持ちよく起きられると言われています。それは確かに正しいのですが、「人によって周期の時間が異なるので90分睡眠が適しているとは言えない」というのが答えになります。

 

 

 

私も90分睡眠を実践したことがあるのですが、確かにこの意見は正しいと感じました。

 

 

人間が誰しも90分感覚で周期が変わるわけではないのです。時間がずれていたら90分睡眠を実践するメリットは皆無ですし、下手したらノンレム睡眠時に自分を起こすということをとってしまうかもしれません。

 

 

 

 

そのため、「90分感覚で周期が移り変わる」という意見は今は否定されているので、実践しないでください。この意見を提唱したのは『快眠のための朝の習慣・夜の習慣』(だいわ文庫)です。

 

快眠のための朝の習慣・夜の習慣 (だいわ文庫)

新品価格
¥648から
(2015/10/3 07:53時点)

 

 

 

 

私が強く主張したいのが、90分睡眠とか周期にこだわるのではなく、寝ている間は深い睡眠をとるようにした方が良いという内容です。

 

 

 

一番良いのは深い眠りについて自分で自然に起きることです。その時間が短ければ短いほど良いのですが、90分睡眠は人によって周期が異なるので有効な睡眠方法だとは言えません。

 

 

短時間睡眠を実践したければ「深い睡眠をとること」を心がけてください。

短時間睡眠を目指す人にオススメのサプリメント