カフェイン,摂り過ぎ,睡眠時間,長さ,影響,

カフェインの摂り過ぎは睡眠時間の長さに影響アリ

カフェインの摂り過ぎは睡眠時間に影響を与えます。

 

 

カフェイン,摂り過ぎ,睡眠時間,長さ,影響,

 

 

これは意外と知られていない事実ですが、カフェインの効果が持続する時間は10時間程度です。そのため、午後3時にカフェインの入ったコーヒーやお茶を飲むと、夜中までカフェインが効くので眠れなくなることがよくあります。

 

 

 

仕事をしているとカフェインの入った飲料をよく飲むようになります。

 

 

 

コーヒーやお茶は当たり前。実は日本人が好む玉露はコーヒーの2倍もカフェインが多く含まれているので、玉露を飲み過ぎて眠れなくなってしまったというケースも多々存在するのです。

 

 

 

そもそもなぜカフェインを摂り過ぎると睡眠時間が長くなってしまうのでしょうか?

 

 

 

それは先ほど解説したカフェインの持続時間の長さも関係します。カフェインは1回摂取すると10時間程度効き目が持続するため、「カフェインが効いている状態で寝ると浅い眠りになってしまう」というのが最大の問題点として挙げられます。

 

 

 

長時間睡眠で悩んでいる人の大半はカフェインを摂っている人です。

 

 

 

カフェインを摂っている自覚がなくてもカフェインを摂取している人が多いのです。昼間お茶を飲んだり玉露を飲んだりしている人は「無自覚でカフェインを摂っている」ので、眠りが浅くなってしまい、結果的に長時間睡眠となってしまうのです。

 

 

 

カフェインの摂り過ぎは短時間睡眠を邪魔する要素だと思ってください。

 

 

 

短時間睡眠を実現したければ深い眠りが必要です。深い眠りを実現するために必須となるのが「カフェインを摂らないこと」です。

 

 

ロングスリーパーを改善してショートスリーパーになりたければ昼食後のコーヒーを控えることをオススメいたします。

 

 

 

朝食後は良いです。

 

 

先ほども申し上げた通り、カフェインの持続時間は10時間程度なので朝食を食べた後や朝コーヒーを飲むのは全然構わないです。

 

 

 

要するに寝る時間帯にカフェインの効果が発動しているのが問題なので、それ以外の時間はカフェインが効いていても全く問題がありません!!

 

 

 

短時間睡眠を実現させるために必要となる行動は、「昼間カフェインが入った飲み物を取らないように心がけること」です。

 

 

これを実践することによって深くて質の良い眠りを得ることができ、長時間睡眠グセも改善することができます。サプリメントなどを飲むのも良いのですが、それ以外の方法も実践すると物凄く効果的です。

 

 

 

あなたがあまり眠れず、寝れたと思ったら長時間睡眠になってしまうのもカフェインが原因かもしれません。

短時間睡眠を目指す人にオススメのサプリメント

関連ページ

疲れが溜まって疲労困憊状態だと睡眠時間は長くなる
疲れが溜まっており、疲労困憊状態が続いていると睡眠時間は長くなります。