睡眠時間,長い原因,ストレス,溜まりやすい,ロングスリーパー,

睡眠時間が長い人ほどストレスが溜まりやすい

睡眠時間が長い人(ロングスリーパー)ほど、ストレスが溜まりやすいという事実をご存知でしょうか?

 

 

 

睡眠時間,長い原因,ストレス,溜まりやすい,ロングスリーパー

 

 

逆に考えると、ストレスが溜まりやすい人ほど睡眠時間が長いのです。

 

 

 

実は私もそうでした。

 

 

 

仕事のストレスを抱えたとき、睡眠に逃げることが多かったのです。

 

 

これを寝逃げと言います。なぜ寝逃げをするかと言えば、「辛い現実世界から逃避する」という側面があるからです。本当に強い人間はこんなことをしないのですが、昔の私はとても弱い人間だったので寝逃げという形でストレスを解消していました。

 

 

 

寝逃げはストレス解消に有効であるのは確かですが、そもそも寝逃げをして10時間以上睡眠をとらなくても質の良い睡眠を取ればストレスを解消することは可能です。

 

 

 

睡眠時間が長い人は「現実から逃避しているから睡眠時間が長い」のです。逆に言えば現実としっかり向き合い、戦っていく力がある人は睡眠時間は短いです。

 

 

 

世の成功者を見てください。

 

 

 

ソフトバンクの孫正義さん。楽天の三木谷さんなどは3時間睡眠が普通です。この2人は完全なる成功者として名を挙げていますが、この人達は現実としっかり向き合って努力したから成功したのです。

 

 

 

 

睡眠時間が長い人は現実から逃げていると捉えることができます。

 

 

本当に病気で睡眠時間が長いのは仕方がありません。しかし、「ストレス解消のために寝逃げしたり、辛い現実から逃げるために寝たりする」というのは弱い人間が取る行動です。

 

 

 

意外と現実逃避が原因で睡眠時間が長くなっているケースが多いのです。

 

 

 

なぜ現実逃避をしたがるのか?

 

 

 

 

それはストレスが溜まりやすいからです。

 

 

 

起きている間に受けるストレスに耐え切れず、睡眠に逃避する人が大変多いのです。私は長時間睡眠はある意味精神病の一種だと思っています。精神状態を改善するサプリメントを飲んで短時間睡眠を獲得できた私だから言えます。

 

 

 

精神状態を安定させれば短時間睡眠でも平気です。

 

 

 

ロングスリーパーはストレスを受けた脳を回復させるために、長い睡眠時間を摂ります。これは完全に効率の悪い睡眠方法であり、「サプリメントなどを飲んで精神状態を安定させれば短時間睡眠を実行するのは可能」なのです。

 

 

メンタルサプリ専門店♪夜ぐっすりしたい方へ

 

 

普通の人よりもストレスが溜まりやすいから長時間睡眠になる。

 

 

 

これは一見しかたのないようなことのように見えますが、そんなことで諦めないでください。改善策はいくらでもあります。ストレスを受けやすいのであれば、ストレスを受けにくい体質に変えれば良いだけです。

 

 

 

 

基本的に脳内のセロトニンが不足しているとストレスを受けやすくなります。それはセロトニンが不足することによってネガティブな思考に支配され、今起きているのが嫌になるからです。

 

睡眠時間,長い原因,ストレス,溜まりやすい,ロングスリーパー

 

 

セロトニンが充実しているだとストレスから身を守ってくれるため、睡眠時間が長くなることはありません。睡眠時間の長さはストレスが大いに関係しているのです。

 

 

 

成功者になりたければ睡眠時間を短くする必要があります。

 

 

 

 

睡眠時間を短くするコツは簡単です。精神状態を安定させ、ストレスに負けなければ良いのです。

 

 

これは根性論でどうにかなる問題ではありません。脳内のホルモン物質を改善しなければ実現不可能な問題です。

 

 

 

当サイトではセロトニンの原料が入ったサプリメントや睡眠が取れすぎて困ってしまう人のために適したサプリメントを紹介していますが、なぜこういう物を紹介しているかと言うと、短時間睡眠を獲得したければメンタル面を改善しなければいけないことを知っているからです。

 

 

 

私がサプリメントを飲んで短時間睡眠を獲得することができたのも、セロトニンを中心とした脳内物質が満たされたからです。

 

 

 

睡眠とメンタル面は深い関係があります。ストレスが溜まりやすい体質なのに「睡眠時間を短くしよう!」と意気込んでもそれは無理な話です。

 

 

 

睡眠時間はストレスによって決まると言っても過言ではありません。睡眠時間が短い人は脳内のセロトニンがしっかり分泌されているから睡眠時間が短くても平気なのです。

 

 

 

 

 

逆にロングスリーパーは「長い時間寝ないとストレスが解消されなくて辛い」という特徴があるため、毎日長い睡眠を取らないとやっていけないのです。

 

 

 

ストレスが溜まりやすい人の特徴として、物事をじっくり考えるというものがあります。

 

 

 

良く言えば思慮深い。悪く言えば行動力がない。この世で成功している人たちは皆行動力がありますが、ロングスリーパーは逆です。

 

 

 

思慮深すぎてリスクを最初に考えるため、積極的に行動するのが苦手です。

 

 

 

頭が良いのです。ロングスリーパーの人たちは頭が良い人が大半です。頭が良いからストレス負担が強く、物事に対して大きな不快感を覚えたりするのです。

 

 

 

例えば人と会話をしているときもその言葉の裏や真意を積極的に考えてしまったり、ストレスを外に出せなかったりするから睡眠時間が長くなってしまうのです。内面で自分と向き合う時間が多い人ほどストレスが溜まりやすく、睡眠時間が長いと言えるでしょう。

 

 

 

そういう人はまず自分の精神状態や考え方を改善することから始めてください。

 

 

 

 

考え方はいくらでも変えられます。セロトニンが上手く分泌されていればいくらでもポジティブな発想が生まれます。逆に言うとセロトニンがしっかり分泌されていないと長時間睡眠は治らないままです。

 

 

ちなみに、セロトニンはストレスがかかればかかるほど減っていく脳内物質です。ストレスを抱えやすい人ほどセロトニンが不足しやすく、その結果睡眠時間が長くなってしまうのでセロトニンの原料が入ったサプリメントを飲むことを強くオススメいたします。

短時間睡眠を目指す人にオススメのサプリメント

関連ページ

疲れが溜まって疲労困憊状態だと睡眠時間は長くなる
疲れが溜まっており、疲労困憊状態が続いていると睡眠時間は長くなります。
カフェインの摂り過ぎは睡眠時間の長さに影響アリ
カフェインの摂り過ぎは睡眠時間を長くする元凶になります。カフェインは約10時間も効果があるため、深い睡眠をとって短時間睡眠を心がけたければカフェインは摂らない方が良いのです。