睡眠時間,長い原因,疲れが溜まる,疲労困憊状態,

疲れが溜まって疲労困憊状態だと睡眠時間は長くなる

疲れが溜まると睡眠時間が長くなってしまいます。

 

 

睡眠時間,長い原因,疲れが溜まる,疲労困憊状態,

 

 

私も経験があるのですが、平日はしっかり働いていてサービス残業を行って土日に休日が訪れると「一日中寝る」というのが普通ではないでしょうか?

 

 

これは疲労が溜まっているからくる現象です。

 

 

 

疲労量は必要な睡眠時間と比例しています。

 

 

そのため、疲れが溜まって睡眠時間が長くなるのは「人間として普通」と言い換えることができるのですが、長時間睡眠には絶対に無駄が発生しています。

 

 

 

睡眠時間が長くなると浅い睡眠が多くなります。

 

 

浅い睡眠が多くなってしまうと疲れをしっかりとることができません。疲れがとれないから起きた後もダルく、「長く寝た割に元気も出ないし意欲も湧かない」という状態が訪れてしまうのです。

 

 

 

特に肉体労働を行った後だと体の疲れが蓄積されてしまい、睡眠時間が長くなる傾向があります。

 

 

 

睡眠時間が長いのは「疲れが反映されている証拠」だと言えるのです。

 

 

そのため、睡眠時間を短くしたければ日頃から疲れが溜まらないように心がけなければいけません。昔の私みたいに10時間も12時間も寝る必要なんかないのです。人間は6時間寝れば十分に疲れを取ることができます。

 

 

 

 

無駄な睡眠が多すぎるのです。

 

 

 

無駄な睡眠は逆に体と心を疲れさせる原因になります。寝ている間は意外と体力を使うので、「寝れば絶対に体力が回復する」というわけではありません。寝すぎは疲れが溜まる原因になります。

 

 

 

 

そもそも疲れやすい体質と疲れにくい体質の人がいることを理解しなければいけません。

 

 

長時間睡眠の実践者は大抵疲れやすい体質の人です。私も非常に疲れやすいのですが、サプリメントを飲んで良質な睡眠を確保するようになってから短時間睡眠でも精力的に活動できるようになりました。

 

 

 

疲労が溜まっているときは何もやりたくなくなります。とにかく一番にやりたいのが寝ることであり、そういう状態のときに寝ると10時間も12時間も寝て時間を浪費してしまうのです。

 

 

 

寝すぎは時間の浪費だと思ってください。

 

 

時間を無駄に使用しているのと変わらないのです。なぜならば寝過ぎると疲労をしっかりとることができませんし、眠りの質も非常に悪いので「精神的なストレスを解消することもできない」のです。

 

 

 

そもそも毎日10時間以上眠れる環境だったら良いのですが、多くの人はそんなに眠れません。忙しい人ほど短時間睡眠を目指さなければいけないのです。

 

 

 

 

まず、眠る目的を考えなければいけません。

 

 

 

人が眠るのは精神状態を整えるためと、体の疲労を回復するためです。

 

睡眠時間,長い原因,疲れが溜まる,疲労困憊状態,

 

しかし、寝すぎたところで精神状態が回復することは絶対にありません。むしろ長時間寝ることによって「俺は何をしているんだ……」と自己嫌悪に陥るだけなので、寝れば寝るほど良いという発想は捨ててください。

 

 

 

 

また、長時間睡眠をとっても体の状態が良くなるわけではありません。

 

 

 

むしろ疲労が溜まることが大半です。

 

 

あなたは起きたときに「あー、体がダルいなー」と思ったことがありませんか?

 

 

 

それは長時間睡眠しても疲労が蓄積している証拠です。なぜ寝たのに疲労が残っているかというと、睡眠の質が悪いからです。睡眠の質さえ改善すれば疲労は解消されるのですが、疲労困憊状態のまま寝ると必然的に睡眠時間は長くなります。

 

 

 

「長時間寝て疲労を回復しよう」という考えは間違いです。

 

 

 

私は自分の体で実験したことがあるのですが、結局質の良い睡眠をとらないと疲れがとれることはありません。疲れがとれるどころか無駄な長時間睡眠は精神や体を痛める元となるので絶対にやめてください。

 

 

 

 

疲労困憊状態のときはゆっくり休んだ方が良いのですが、適度な時間に目覚めることをオススメいたします。

 

 

それか安眠が確保できるサプリメントを飲むしかありません。何かを食べたり飲んだりする行為は起きているときに実行することができるため、「起きているときに睡眠の質が決まる」と考えるのが賢明です。

 

 

 

寝た後に良質な睡眠を心がけようと思っても無駄なのです。質の高い睡眠は寝る前に全て決まります。

 

 

例えば寝る前にセロトニンがしっかり含まれたサプリメントを飲んだり、安眠に効果がある枕を使用したりすることによって自分の睡眠状態を改善することができます。

 

 

体にやさしい休息成分を20種類配合「ルナハーブ」

 

 

 

私が思うに、「疲れたから長時間寝る」というのは娯楽の一つだと認識しています。

 

 

 

長時間寝る必要なんてないのです。適度な睡眠が取れていればそれで十分。それなのにもかかわらず10時間以上も寝てしまうのは、「寝ることを楽しんでいるから」です。

 

 

これはゲームをしているのと何も変わりません。

 

 

 

寝るのが好きな人はそれでも良いのですが、起きている間にもっと生産的な活動をしたいと望む人は質の高い睡眠を追求してください。

 

 

疲れが溜まったから睡眠時間が長くなるというのは正しいです。しかし、それには改善の余地があるため、自分の睡眠の質を良くするための行動を取ることをオススメいたします。

 

 

長すぎる睡眠は疲れの元。

 

 

疲れが溜まって疲労困憊状態に陥っている人ほど「サプリメントを飲んで高い睡眠を得る」のが大切だと思ってください。

短時間睡眠を目指す人にオススメのサプリメント

関連ページ

カフェインの摂り過ぎは睡眠時間の長さに影響アリ
カフェインの摂り過ぎは睡眠時間を長くする元凶になります。カフェインは約10時間も効果があるため、深い睡眠をとって短時間睡眠を心がけたければカフェインは摂らない方が良いのです。