睡眠時間,短時間睡眠,ショートスリーパーストレス解消,長時間睡眠,

ストレスを解消すれば短時間睡眠が実践できる

 

長時間睡眠になってしまう根本的な原因はストレスが溜まっていることにあります。

 

 

 

短時間睡眠実践者やショートスリーパーはストレスが溜まっていません。若干は溜まっているかもしれませんが、ロングスリーパーほどストレスは溜まらないのです。

 

睡眠時間,短時間睡眠,ショートスリーパーストレス解消,長時間睡眠,

 

 

ロングスリーパーはストレスが溜まっているから睡眠という行動に逃避してしまうのです。

 

 

 

しかし、短時間睡眠実践者はストレスを起きている間に解消するのが上手だったり、そもそもストレスが溜まりにくい体質であったりするので短時間睡眠を実践することができるのです。

 

 

睡眠をとるのは記憶を整えたりストレスを解消したりするという理由がありますが、本来であれば睡眠時間は3時間あれば十分なのです。しかし、起きている間に溜まったストレスを解消するために8時間も9時間も寝てしまうのがロングスリーパーの特徴になります。

 

 

 

つまり、ロングスリーパーはストレスに弱く、ショートスリーパーはストレスに強いのです。

 

 

 

 

逆に言えばストレスを解消すれば短時間睡眠を実践することができるのです。睡眠をとってストレスを解消するのではなく、起きている間にストレスを解消すれば短時間睡眠を実践することは十分に可能です。

 

 

 

では、一体どうしたらストレスを解消して短時間睡眠へと移行することができるのでしょうか?

 

 

 

1,ストレスの元となっている原因を解決する

 

睡眠時間,短時間睡眠,ショートスリーパーストレス解消,長時間睡眠,

 

 

 

これが一番重要です。

 

 

睡眠をとることによって気分がすっきりしてストレスが解消されることはありますが、それは根本的な解決になっていないのでまたストレスが溜まってしまいます。

 

 

大切なのはストレスを根本から解消することです。

 

 

 

ストレスの原因を取り除かなければまたストレスが溜まり、長時間睡眠が長引いてしまいます。ショートスリーパーが短時間睡眠を実践できるのは、「ストレスの根本を取り除くのが上手い」からです。

 

 

 

例えばショートスリーパーは起きている間の行動時間がとても長いです。

 

 

 

アグレッシブに行動し続けることができるから、ロングスリーパーよりも問題解決能力が高いと言い換えることができます。

 

 

例えば年収の悩みを抱えている人がいるとします。

 

 

この年収の悩みを解決できる可能性が高いのは間違いなくショートスリーパーです。なぜならば起きている間仕事に打ち込めば年収を高める可能性はアップしますし、ショートスリーパーよりも活動時間が長いので様々な意味で有利です。

 

 

 

そして「年収が低い」という根本的な問題を解決することができるため、ストレスが起こる根本的な原因を取り除くことができます。その結果慢性的に続くストレスから抜け出すことができるため、短時間睡眠を実践することができるようになるのです。

 

 

 

 

長時間睡眠を貪っている人はそれがなかなかできません。

 

 

 

なぜかというとストレスが溜まったら「睡眠」という方向に逃避するからです。それだといつまで経ってもストレスの元凶となる問題を解決することはできませんし、睡眠を長くとって問題解決が遠ざかったままになってしまいます。

 

 

 

ストレスを解消したければストレスの原因を取り除いてください。

 

 

これは恋愛でも同じことがいえます。恋愛が原因でストレスが溜まっているのであれば、思い切って自分の本心を打ち明けるか、諦めて次の恋愛に進むしかないのです。

 

 

 

 

短時間睡眠を実践している成功者を見ればよく分かるのですが、皆切り替えがとても速いです。しかも切り替えが上手いです。

 

 

 

切り替えが上手いからストレスが溜まらないし、ストレスの根本的原因を取り除くことができるようになるのです。

 

 

 

ストレスが溜まって仕方ない人はストレスの根本原因を解決してください。睡眠に逃げているままだといつまで経っても長時間睡眠を改善することはできないのです。

 

 

 

 

2,ストレスと上手く向き合っていく

 

 

睡眠時間,短時間睡眠,ショートスリーパーストレス解消,長時間睡眠,

 

 

これも短時間睡眠者の特徴になりますが、ストレスと上手く向き合っている人がほとんどです。

 

 

 

ストレスと上手く向き合えない人は「逃避」という行動に走ります。その逃避の一つが長時間睡眠であり、長時間寝てしまう人は現実から逃げているだけだと捉えることができます。

 

 

 

私もそうでした。

 

 

 

仕事やプライベートが上手くいかなくて仕方なかった頃、休日は長時間寝てストレスを解消していました。

 

 

しかし、長時間寝たところで仕事が上手くいくわけでもなく、ただ問題解決を先送りにしているだけなので非生産的な行動なのですね。

 

 

 

寝過ぎは非生産的な方法になります。

 

 

理想を言えば短時間睡眠を実践して問題解決に向けて努力し、ストレスに強い体質を創り上げるのが良いのです。ただ、それができていないから長時間睡眠という行動を取ってしまうのであって、長い時間寝ないと辛い人は根本的にストレスに弱いのです。

 

 

 

 

 

ストレスに弱い人はどうしたら良いのでしょうか?

 

 

 

一番良いのはストレスの根本的な原因を取り除くことですが、それが難しいのであれば脳内物質を増やすしかありません。

 

 

 

セロトニンを摂らないと常に「辛い」という感情を抱えてしまいます。辛いと思い続けると起きているのが苦痛に感じるため、結果的に長時間睡眠になってしまうのです。

 

 

 

その悪循環から逃れたければ「ストレスを解消するための脳内物質」を摂る必要があります。その脳内物質の名前はセロトニンであり、セロトニンを摂ることによって長時間睡眠から短時間睡眠へと移行することができるのです。

 

 

 

寝る前にセロトニンが十分な量存在していれば深い眠りにつくことができます。深く眠ることができれば「効率の良い休息」をとることができるため、結果的に短時間睡眠でもOKになるのです。

 

 

 

セロトニンはストレスによって減少します。

 

 

 

そのため、根本的に短時間睡眠体質へと変化したければストレスに負けないメンタルを持った方が良いのです。ただ、メンタル強化は一朝一夕でできるものではないので、しばらくは寝る前にセロトニンを補給し続けましょう。

 

 

 

セロトニンの原料になる栄養素はサプリメントで摂取することができます。

 

 

メンタルサプリ専門店♪夜ぐっすりしたい方へ

 

 

 

セロトニンを増やしてストレスに強くなり、短時間睡眠を目指すのが一番効率的な方法です。

短時間睡眠を目指す人にオススメのサプリメント

関連ページ

忙しい人ほど短時間睡眠を目指さなければいけない
忙しい人ほど短時間睡眠を目指す必要があります。まず短時間睡眠の重要さを理解しなければいけません。
圧倒的なスピードを実現したければ短時間睡眠になる必要がある
スピードを意識して仕事に取り組んでいる人は成功します。多くの成功者は短時間睡眠によって成功を勝ち取りました。
気合と根性でショートスリーパーになるのは絶対に不可能
気合と根性でショートスリーパーになるのは絶対に不可能です。ショートスリーパーになりたければサプリメントを飲んで質の高い睡眠を得るようにしましょう。
睡眠時間が短いのは気合の問題なのか?
睡眠時間が短い人は物凄く気合が入っているからショートスリーパーなんだと勘違いしている人がいらっしゃいますが、それは違います。精神状態の問題です。