睡眠時間,短時間睡眠,短い,気合,問題,メンタル,

睡眠時間が短いのは気合の問題なのか?

「睡眠時間は気合の問題だ!!!! 気合いを入れれば睡眠時間は短くなる!! 頑張っていこう」

 

 

 

 

このように言う人がいらっしゃいますが、そんなことはありません!

 

 

 

根性論だけで睡眠時間を短くすることができません。気合が入っているか否かで睡眠時間が短くなるのであればこれほど楽なことはないのです。

 

 

 

睡眠時間はメンタルの問題です。

 

 

 

 

ストレスを受けやすい体質を改善すれば睡眠時間は短くなります。この世にロングスリーパーとショートスリーパーが存在するのは、「いかにストレスを受けているか」の違いだと思ってください。

 

 

 

「そんな単純な話ではないだろ」と思うかもしれませんが、そんな単純な話です。

 

 

 

統計データが出ているのです。ストレスを感じにくい人ほど睡眠時間が短くて活発的だと。

 

 

逆にストレスを感じやすい人ほどロングスリーパーになり、睡眠時間が長くなるのです。そして無駄に長くなった睡眠時間を悔やんでまたストレスが溜まるという悪循環が続きます。

 

 

 

いくら気合を入れたところで睡眠時間が短くなることはありません。

 

 

 

「気合を入れたら睡眠時間が短くても平気!」というのは、成功するために過剰労働してでた結論です。確かに一時的に睡眠時間は短くなるかもしれませんが、ずっと継続するのは不可能です。

 

 

 

ずっと睡眠時間を短くしたければ気合を入れるのではなく、体質を変えてください。

 

 

ストレスに強い体質になれば睡眠時間が短くなります。脳内のセロトニンがしっかり分泌できるようになれば睡眠時間は間違いなく短くなります。

 

 

 

セロトニンの分泌が不足しているから睡眠時間が長くなるのです。

 

 

 

「気合いを入れれば何でもできる!」とは言いますが、持続性がないのです。一時的に気合を入れて短時間睡眠を実践してもどうせまたすぐ戻ります。

 

 

 

なぜこう言い切れるかというと、私がやったことがあるからです。

 

 

とある本に「睡眠時間を短くしたければどうしても起きてるという気合を入れると良い」と書いてあったので実践したのです。見事に失敗しました。

 

 

それはそうです。

 

 

気合をずっと入れ続けることはできません。一時的に気合を入れることはできても、ずっと気合を入れるのは無理だからです。

 

 

 

 

「気合いを入れれば短時間睡眠になれる」という意見は絶対に信じないでください。セロトニンを増やさないと睡眠時間を短くするのは不可能です。

短時間睡眠を目指す人にオススメのサプリメント

関連ページ

忙しい人ほど短時間睡眠を目指さなければいけない
忙しい人ほど短時間睡眠を目指す必要があります。まず短時間睡眠の重要さを理解しなければいけません。
圧倒的なスピードを実現したければ短時間睡眠になる必要がある
スピードを意識して仕事に取り組んでいる人は成功します。多くの成功者は短時間睡眠によって成功を勝ち取りました。
気合と根性でショートスリーパーになるのは絶対に不可能
気合と根性でショートスリーパーになるのは絶対に不可能です。ショートスリーパーになりたければサプリメントを飲んで質の高い睡眠を得るようにしましょう。
ストレスを解消すれば短時間睡眠が実践できる
睡眠が長時間になってしまう最大の原因はストレスです。ストレスを解消すれば短時間睡眠を実践することができます。