ショートスリーパー,食事,

ショートスリーパーはどのような食事を取っているのか?

ショートスリーパーはどのような食事を取っているのでしょうか?

 

 

 

私の知り合いに何人かショートスリーパーの人がいたのですが、いずれも別々の特徴がありました。

 

 

人によって食生活が違うのは当然なのですが、栄養学的観点から見てショートスリーパーが短時間睡眠でも平気な食生活を送っていることが分かったのでご紹介させて頂きます。

1.忙しくてカロリーメイトやカップラーメンが中心

一人は忙しくてカロリーメイトやカップラーメンばかり食べていました。

 

ショートスリーパー,食事,

 

忙しいと簡単に食べられる食事が重宝します。私も物凄く忙しいのでカロリーメイトをよく食べたり、カップラーメンを食べたりしているので栄養を摂るという観点から見ると最悪です。

 

 

カロリーメイトはともかく、カップラーメンばかり食べると栄養バランスが崩れてしまいます。忙しい人ほど簡易な食事で済ませることが多いのですが、そういう人は短時間睡眠であることが大半です。

 

 

 

ただ、こういうタイプはショートスリーパーではない可能性が大です。

 

 

私がこのような生活を送っているので断言できるのですが、仕事が立て込んでカップラーメンばかり食べたりカロリーメイトばかり食べたりしている人は「時間がないからそのような食生活になっているだけ」という話です。

 

 

 

もしかしたらショートスリーパーではないのかもしれません。

 

 

 

仕事が立て込んでいたらカロリーメイトやカップラーメンが主食になります。そういう人はただ単に忙しいから睡眠時間が短く、偏った食生活だけになっている可能性が高いのでこの食生活は当てになりません。

 

 

あまり真似はしない方が良いです。

 

 

 

ちゃんと栄養バランスが整った食事をとってください。食は全ての原点になるので、効率化が本当に良いとは限らないのです。

2.そもそもあまり食べない

これは私が見たショートスリーパーの一人です。

 

 

その人は1日4時間睡眠で過ごしているのですが、あまり食べることをしませんでした。当然のことながら体重もかなり軽く、1日1食生活をずっと続けているのです。

 

 

 

これがショートスリーパーになるために重要な要素です。

 

 

 

現代人は明らかに食べ過ぎです。あなたも経験があると思いますが、食べると眠くなります。人間は満腹になってしまうと物事に対する意欲が失われ、食べ物をしっかり消化するために眠気が刺激されるのです。

 

 

 

 

そのため、1日3食生活を送っていると睡眠時間が長いのが当然だといえるでしょう。私も毎日朝ごはんも昼ごはんもしっかり食べた方が良いと思って1日3食生活を送っていたのですが、胃が休む時間がなくなるので身体が疲れやすくなるのですね。

 

 

 

 

身体が疲れやすいと必然的に睡眠時間が長くなります。
ショートスリーパー,食事,

 

 

1日3食生活を続けていると24時間体内で食べ物を消化している状態になるため、非常に体力を使ってしまうのです。胃や腸を休ませる時間を設けるのはとても大切で、先ほど述べたショートスリーパーの人もあまり食べないからショートスリーパーなのだと思います。

 

 

 

よく食べる人ほどよく寝るって言いますしね。

 

 

 

あまり食べないというのは大きな利点です。スポーツ選手だとたくさん食べた方が良いのですが、知的労働で活躍したければあまり食べないで長時間働く能力が大切になります。

 

 

 

あまり食べないことによって食べる時間を節約することができますし、胃を休めることが可能です。胃を休める時間が多いから睡眠時間も短くて十分なのです。

 

 

 

短時間睡眠を実践したければ食べることを控えるようにしてみてください。私もこの方法で睡眠時間が短くても平気になりました。

3.肉をしっかり食べてセロトニンを摂っている

もう一人は超肉食系でした。

 

 

お肉を食べるのが大好きで、ガツガツ仕事をしてガツガツお肉を食べていました。

 

ショートスリーパー,食事,

 

「お肉って消化に悪くない? さっきの理論だと消化に悪い物を食べているわけだから、お肉をガツガツ食べてショートスリーパーになるのはありえないと思う」という意見もあるでしょう。

 

 

 

私もそこが不思議でした。

 

 

こんなに肉ばかり食べているのに栄養バランスは悪くないのだろうか。むしろ何でこんなに肉を食べて短時間睡眠でも平気なのか非常に気になっていたのです。

 

 

 

理由が分かりました。

 

 

 

 

セロトニンを沢山摂取しているからです。

 

 

肉にはセロトニンの原料となるトリプトファンが豊富に含まれています。このトリプトファンを摂るとセロトニンが生成しやすくなり、セロトニンが脳内にしっかり存在すると多幸感を味わうことができます。

 

 

 

セロトニンで注目して欲しい成分が「深い眠りが取れる」ということなんですね。

 

 

 

厳密に言うと、深い睡眠を取りたければメラトニンを増やすのが大切なのです。このメラトニンの原料となるのがセロトニンで、セロトニンが多い人ほど深い睡眠を取ることができます。

 

 

 

肉をガツガツ食べる人はトリプトファンを沢山摂取できるため、セロトニンをしっかり生成することができ、メラトニンも作れるというサイクルを築いているのですね。

 

 

 

だから肉を食べている人ほど睡眠時間が短いのです。ショートスリーパーが短時間睡眠でも平気なのは「深い睡眠を取るための生活をしているから」という結論を導き出すことができました。

 

 

 

 

一番良いのは1日1食生活にして、肉をちゃんと食べることです。これをしっかり行えば短時間睡眠でも平気な強い体質に生まれ変わることが可能です。

 

 

 

でも、それがキツい人もいらっしゃいます。

 

 

 

 

そういう人はマインドガードDXを飲んでください。

 

 

「マインドガードDX」

 

 

マインドガードDXはセロトニンを増やすのに適したサプリメントです。寝る前に飲むだけで良いというのがよく、時間も取られません。

 

 

マインドガードDXはそんなにお腹に溜まるものではありませんし、セロトニンの原料がしっかり含まれているので深い睡眠を取りたい人に向いています。

 

 

 

深い睡眠を取ることができれば短時間睡眠でも平気になります。

 

 

ショートスリーパーが短時間睡眠でも平気なのは、深い睡眠を取るための食生活を過ごしているからです。

短時間睡眠を目指す人にオススメのサプリメント

関連ページ

気合と根性でショートスリーパーになるのは絶対に不可能
気合と根性でショートスリーパーになるのは絶対に不可能です。ショートスリーパーになりたければサプリメントを飲んで質の高い睡眠を得るようにしましょう。
まずは6時間睡眠を目指そう!
短時間睡眠を目指している人はまず、6時間睡眠を実践することをオススメいたします。いきなり3時間睡眠を目指すと挫折します。
ストレスを解消すれば短時間睡眠が実践できる
睡眠が長時間になってしまう最大の原因はストレスです。ストレスを解消すれば短時間睡眠を実践することができます。
ショートスリーパーに多い性格とは?
ショートスリーパーの人は外交的で明るい人が多いです。ショートスリーパーで成功している人が多いのもポジティブな性格だからです。
睡眠時間が短いのは気合の問題なのか?
睡眠時間が短い人は物凄く気合が入っているからショートスリーパーなんだと勘違いしている人がいらっしゃいますが、それは違います。精神状態の問題です。
少しずつ睡眠時間を減らすのが短時間睡眠になるコツ
短時間睡眠(ショートスリーパー)になりたければ少しずつ睡眠時間を減らしていくことをオススメいたします。