睡眠時間,短時間睡眠,ショートスリーパー,6時間睡眠,目指す,

まずは6時間睡眠を目指そう!

短時間睡眠を目指している方は、まず6時間睡眠を実践することをオススメいたします。

 

睡眠時間,短時間睡眠,ショートスリーパー,6時間睡眠,目指す,

 

 

 

「えー!? 6時間睡眠ってそんなに短くないし、そもそも目指すようなものでもなくない?」と感じる人は多いと思います。

 

 

 

確かに、6時間睡眠で短時間睡眠と言うのはかなり厳しいかもしれません。

 

 

 

ただ、私は昔10時間以上の睡眠を誇るロングスリーパーでした。そんな自分が6時間睡眠になると「1日に4時間も自由時間が増える!」と感動したものです。

 

 

 

6時間睡眠でも十分に時間はあります。

 

 

 

私が6時間睡眠の実践を勧めているのは、いきなり短時間睡眠にチャレンジしても挫折する可能性が高いからです。私は短時間睡眠に憧れて唐突に1日3時間睡眠だけで過ごそうとしましたが、すぐに挫折しました。

 

 

 

 

深い眠りが取れていなかったからです。

 

 

 

深い眠りを取ることができれば3時間睡眠でも全然平気です。しかし、浅い眠りが続いてしまうと6時間睡眠でもキツくなります。日中眠くなってしまうのは睡眠が浅いからです。

 

 

 

6時間睡眠は誰でも実践しやすいですし、深い眠りを取るのにも向いています。短時間睡眠実践を目指している人にオススメしたいのが6時間睡眠で、まずは6時間睡眠を体に慣らしてから短時間睡眠へと移行することをオススメいたします。

 

 

 

6時間睡眠を実践する方法はとても簡単です。

 

 

 

足をしっかり伸ばして寝て、快眠用のサプリメントを飲んで寝れば簡単に6時間睡眠は実践することができます。1日10時間以上寝ていた私にとって「6時間だけの睡眠で良い」というのはまさに革命でした。

 

 

 

そのとき初めて睡眠の質の濃さの大切さに気づいたのです。

 

 

 

ちなみに、6時間睡眠を実践している成功者は意外と多いです。元ライブドアのホリエモンも6時間睡眠を実践していますし、サイバーエージェントの藤田社長も睡眠時間は6時間です。

 

 

 

つまり、「6時間睡眠であれば十分成功できる範囲」だと捉えることができるのです。

 

 

 

さすがに昔の私みたいに10時間も12時間も寝てしまうと厳しいです。その分仕事に注ぐ時間が少なくなってしまうので長時間睡眠者は時間というハンデを背負っていることを理解しなければいけません。

 

 

 

6時間睡眠を実践することができれば成功することも可能です。

 

 

 

 

6時間睡眠は決して短すぎる睡眠時間ではありません。むしろそれが普通という人も多くいらっしゃいます。

 

 

ただ、6時間睡眠をクリアしたときに初めて短時間睡眠への道が開かれます。短時間睡眠を行うのに重要なのは「少しずつ睡眠時間を減らしていく」というものです。いきなり睡眠時間を減らしても体を壊すだけなのでやめてください。

 

 

 

また、毎日安眠用サプリメントを飲んで深い休息を取るのもオススメです。

 

 

メンタルサプリ専門店♪夜ぐっすりしたい方へ

 

 

この2つを心がければ睡眠時間を短くするのは決して難しいことではないということに気づきます。

短時間睡眠を目指す人にオススメのサプリメント

関連ページ

気合と根性でショートスリーパーになるのは絶対に不可能
気合と根性でショートスリーパーになるのは絶対に不可能です。ショートスリーパーになりたければサプリメントを飲んで質の高い睡眠を得るようにしましょう。
ストレスを解消すれば短時間睡眠が実践できる
睡眠が長時間になってしまう最大の原因はストレスです。ストレスを解消すれば短時間睡眠を実践することができます。
睡眠時間が短いのは気合の問題なのか?
睡眠時間が短い人は物凄く気合が入っているからショートスリーパーなんだと勘違いしている人がいらっしゃいますが、それは違います。精神状態の問題です。