短時間睡眠,ショートスリーパー,孫正義,実践,

ソフトバンクの社長である孫正義さんは短時間睡眠を実践している

日本を代表する成功者と言えば孫正義さん。

 

 

志高く 孫正義正伝 新版 (実業之日本社文庫)

新品価格
¥800から
(2015/9/26 19:23時点)

 

 

 

孫正義さんは短時間睡眠の実践者として有名で、睡眠時間は3時間から5時間です。つまり、バリバリのショートスリーパーであるのです。

 

 

 

孫正義さんを知らない人はいないでしょう。

 

 

東証一部に上場する超巨大企業のソフトバンクを創り上げることができたのも、孫正義さんが「短時間睡眠」を実践していたからだと言い換えることができます。

 

 

 

もし、孫正義さんが1日10時間も寝ていたらどうなっていたでしょうか?

 

 

 

 

少なくともソフトバンクはここまで大きな会社になっていなかったと思います。楽天創業者の三木谷さんも平均睡眠時間は3時間ですし、夜の成功者のほとんどはショートスリーパーで短時間睡眠実践者であるという事実を無視するわけにはいきません。

 

 

 

 

 

成功したければ短時間睡眠でなくてはならない。

 

 

 

 

 

これ、現代の鉄則です。

 

 

 

必須条件と言い換えても良いでしょう。これが違うのであればなぜ孫正義さんや三木谷さんはわざわざ睡眠時間を短くしていたのでしょうか? それは長い睡眠時間は無駄だと知っているからです。

 

 

孫正義さんはとても頭が良いです。頭が良い人は合理的な行動を好みますし、合理的で効率的な手段を実践することができます。

 

 

 

 

短時間睡眠を実践しているというのも孫正義さんが「合理的だ」と判断したからでしょう。

 

 

 

私は成功者の平均睡眠時間を調べたことがありますが、現代で成功している人の大半は睡眠時間が短いです。長いと言っても6時間が最長睡眠時間であり、それ以上の睡眠時間を取っている人はなかなかいません。

 

 

 

質の良い睡眠をとれば睡眠時間は減らせるのです。

 

 

 

孫正義さんのように3時間睡眠が理想ですが、もう少し多くても良いです。ただ、8時間も10時間も寝てしまうのは絶対にやめてください。時間の無駄です。昔の私みたいになってしまいます。

 

 

 

3時間睡眠を実践している孫正義さんは1日21時間も起きて活動することができます。一方、8時間睡眠を実践している人は1日の活動時間はたったの16時間しかありません。

 

 

1日だけで5時間も差が発生するのです。

 

 

 

孫正義さんが成功した理由は様々なですが、絶対に「短時間睡眠だったから時間を効率良く使用することができ、それが成功理由の1つになった」というのは欠かせない条件です。

 

 

孫正義さんも三木谷社長も短時間睡眠だから成功したのです。

 

 

 

 

 

あなたもこの事実を理解した上でショートスリーパーになってください。短時間睡眠を実践したければ睡眠の質を高めるサプリメントをしっかり飲むことです。睡眠の質が悪いといつまで経ってもロングスリーパーのままです。

短時間睡眠を目指す人にオススメのサプリメント