短時間睡眠,ショートスリーパー,成功者,日本電産,永守重信,

日本電産の永守重信社長は睡眠時間は6時間程度のショートスリーパー

日本電産の永守重信社長は睡眠時間は6時間程度のショートスリーパーとして知られています。

 

 

 

「睡眠時間が6時間程度で短時間睡眠を実践していることになるの?」と疑問を抱く人もいらっしゃると思いますが、個人的には6時間睡眠の実践者は短時間睡眠に入ると思います。

 

 

勿論、もっと睡眠時間が短い人も多くいらっしゃいますが、これは体質とどれだけ濃い睡眠がとれるかで決まるのです。

 

 

 

濃い睡眠を取れば短時間睡眠でも大丈夫です。

 

 

 

話を戻しますが、永守社長は睡眠時間が6時間程度で、起きている時間はほとんど仕事に費やしています。

 

 

短時間睡眠の実践者の特徴として「起きている時間を有効に活用している人」が多いのです。永守さんもその例に漏れず、1日16時間働くモーレツ社長として知られています。

 

 

ソフトバンク、楽天、日本電産の3つの創業者の特徴を見れば分かるのですが、皆短時間睡眠を実践して成功を収めているのですね。

 

 

 

どんな綺麗事を言っても睡眠時間が短い方が有利です。

 

 

 

永守社長は「16時間働けばどんな人でも成功する。これだけ働いて成功しない人はよほど才能がない」と語っています。

 

 

実はこの意見を述べる人は永守社長に限った話ではないのですね。

 

 

 

ショートスリーパーや短時間睡眠を実践している人の多くは、「時間の大切さ」を実感しています。短時間睡眠を実践できるのはその人の素質の問題も大きいのですが、どれだけ質の高い睡眠を取って時間を大切にしているかというのが大きな割合を占めるのです。

 

 

 

そのため、永守さんのようにハードワークを目指して時間を有効に活用したい人は短時間睡眠の実践を目指してください。

 

 

質の高い睡眠をとればそれは可能です。少なくとも6時間睡眠であれば殆どの人が可能だと私は思っています。

 

 

 

短時間睡眠を成功させる秘訣は「質の高い睡眠をとること」です。ショートスリーパーになり、永守さんのように起きている時間を有効に活用していきましょう。

短時間睡眠を目指す人にオススメのサプリメント

関連ページ

ソフトバンクの社長である孫正義さんは短時間睡眠を実践している
孫正義さんは短時間睡眠を実践しているショートスリーパーです。