短時間睡眠,実践,メリット,仕事ができるようになる,仕事ができる人,

短時間睡眠を実践すると仕事ができるようになる

短時間睡眠を実践すると仕事ができるようになります。

 

 

短時間睡眠,実践,メリット,仕事ができるようになる,仕事ができる人,

 

 

これは私の経験談になりますが、長時間睡眠から短時間睡眠に移行したら仕事が上手くいくようになったのです。

 

 

 

この理由はとても単純で、「短時間睡眠にシフトして余った時間を仕事に費やした」というのが大きいのです。短時間睡眠者は長時間睡眠者と比較して時間に余裕があるため、余った時間を仕事につぎ込めばほぼ間違いなく状況は改善されます。

 

 

 

 

私がそうでした。

 

 

 

私は仕事が上手くいっていないときは長時間睡眠を続けていたのですが、今思えばそれはただの現実逃避だったのです。

 

 

 

長時間睡眠を現実逃避の手段として実践している人は多いのではないでしょうか。

 

 

 

短時間睡眠を実践して余った時間をつぎ込むようにすれば状況は改善されます。これは私の体験談だけではなく、成功者を見ても分かる事実です。

 

 

楽天の三木谷社長やソフトバンクの孫正義さんも睡眠時間は3時間程度です。3時間の睡眠時間だけを確保して、起きている時間は仕事につぎ込んでいるから偉大な業績を達成できたのだと判断することができます。

 

 

 

仕事を上手くこなせるようになりたければ短時間睡眠を実施するのが一番です。

 

 

 

こんなことを言うとブラック企業経営者みたいですが、本当にそうだから仕方がありません。1日8時間仕事をするのと、1日20時間仕事をする人、どちらが成長するかと言ったら絶対に後者なのです。

 

 

 

この世には1万時間の法則があります。

 

 

 

 

1万時間特定の物事に時間を注いだらプロ級になれるという法則ですが、この法則は正しいものとして認知されています。1万時間の法則に則って考えれば「短時間睡眠を実践して余った時間を仕事につぎ込むのは、成功するために正しい」と考えることができます。

 

 

 

しかし、長時間睡眠者は人より多く睡眠時間をとっているので時間的優位がありません。

 

 

 

それだけで圧倒的に不利であることを理解しなければいけないのです。

 

 

 

誰でも1日は24時間しかありません。その24時間をどう理由するかが一番重要になるのです。短時間睡眠を実施して自分の好きなことに打ち込んだり、仕事に没頭したりしている人はとても賢く時間を使っていると捉えることができます。

 

 

 

 

この世は時間を有効に使った人が成功することができます。

 

 

 

そのため、成功したい人は短時間睡眠を実践するのが吉となります。この世の成功に興味がなくても「人生をよりよく過ごしたい。しっかり人生を楽しみたい」と思う人は短時間睡眠を実践して自由時間を増やすことをオススメいたします。

 

 

 

「余った時間を仕事に注げる」というのが短時間睡眠を実践するメリットです。

短時間睡眠を目指す人にオススメのサプリメント