圧倒的,スピード,実現,短時間睡眠,

圧倒的なスピードを実現したければ短時間睡眠になる必要がある

私が好きな会社の一つに楽天株式会社があります。

 

 

楽天の創業者は三木谷浩史さんです。

 

 

楽天流

新品価格
¥1,620から
(2015/9/26 19:24時点)

 

 

 

三木谷さんが創業した楽天の企業理念は「スピード!!スピード!!スピード!!」です。他社が1年かかることを1ヶ月でやり遂げるスピードが大切と記載していますが、これは本当に正しいのです。

 

 

 

成功したければ他社を凌駕する結果を出さなければいけません。他者を凌駕する結果を出したければスピードを意識して物事に取り組む必要があるのです。

 

 

だらだら長時間睡眠を貪っているようだと成功者になるのは無理です。実際にショートスリーパーの成功者や偉人の方が多いことがこの意見の正しさを証明しています。

 

 

三木谷さんは楽天を創業して成功を収めましたが、圧倒的なスピードを維持している三木谷さんの睡眠時間はなんとたったの3時間です。

 

 

>銀行を辞めた三木谷さんは、まずはクリムゾングループというものを作って、M&A関連のコンサルタントを始める。CCCが中心になって進めた衛星デジタル放送のディレクTVの業務提携の交渉などが主な仕事だった。基本的には興銀時代にやっていた仕事と同じ内容だという。

 

大変もうかったそうだ。のちに設立するMDMの資本金が6000万円と潤沢なことが、それを示している。

 

>ただし、一年間、平均睡眠時間は三時間。
「もう死ぬかと思いましたね。でも、それくらい働かないと、もうからない」
ストレスも大きい。
なにせ若いから、背伸びしなければならない。
虚勢をはるというか、自分が一だとすると、百ぐらいに見せなければならない世界でもある。

 

ソース https://www.rakuten.co.jp/news/news29.html

 

 

 

物事は長い時間取り組んだほど成功すると言われています。

 

 

 

1万時間の法則という言葉がある通り、一流になりたければ1万時間その物事に取り組む必要があります。短時間睡眠を実行すれば物事に取り組む時間も長くなりますし、結果的に自分が成功できるチャンスが広がるのです。

 

 

 

成功したい人が短時間睡眠を目指すのは「必須」だと言えるでしょう。

 

 

 

1日10時間寝ている人と1日3時間寝ている人。なんと1日の開きは7時間もあります。その7時間を勉強に使ったり仕事に使ったりしていると1日毎にその差は開いていくのです。

 

 

 

それも大きく。

 

 

三木谷さんが成功したのも「短時間睡眠を実践して、空いた時間を仕事にあてたから」です。もし三木谷さんが長時間睡眠(ロングスリーパー)だったら成功するのも難しかったはずです。

 

 

 

楽天の経営理念となっている「スピード!!スピード!!スピード!!」

 

 

圧倒的なスピードを実現したければ時間効率を上げることも重要ですが、短時間睡眠を実践して人よりも多く時間を取らなければいけません。

 

 

 

長時間睡眠者はその時点で「時間」というハンデを抱えていることを理解しなければいけません。

 

 

三木谷さんは短時間睡眠で成功を収めました。

 

 

あなたも短時間睡眠を実践するのは不可能ではないので、絶対に諦めないでください。

 

 

 

短時間睡眠を実践しているというだけで大きなアドバンテージを確保しているのと同じなので、睡眠時間を短くしてスピードを追求するのは美徳だと言えるでしょう。

短時間睡眠を目指す人にオススメのサプリメント

関連ページ

短時間睡眠を実践すると仕事ができるようになる
仕事ができる人ほど短時間睡眠を実践しています。睡眠時間が短い分仕事に打ち込めるから、仕事ができる人ほど睡眠時間が短い割合が高いのです。
短時間睡眠実践者は人生が充実している
短時間睡眠を実践している人は人生が充実しています。なぜならば起きている時間が長く、時間を有効に活用することができるからです。
忙しい人ほど短時間睡眠を目指さなければいけない
忙しい人ほど短時間睡眠を目指す必要があります。まず短時間睡眠の重要さを理解しなければいけません。